データ復旧専門企業の選び方

現在では、数多くのデータ復旧専門企業が存在するようになりました。
実際にデータが読み込めなくなったり、ハードディスクを認識しなくなったりと
いったハプニングは突然やってきます。ですから、日頃から、データ復旧を
依頼する企業を決めている場合ならともかく、多くの場合は、一刻も早くデータ
回復させることを願うあまり、依頼する企業をじっくりと選んではいられません。

けれども、選定する企業を誤ると、あとで、大変な問題が発生することにも
なりますから、データ復旧専門企業を選ぶ際、どんな点に
注意をすればよいのでしょうか。


ハードディスク故障で、大事なデータが入ったままのディスクを復旧のため、
外部に一旦出すことになります。これは、よく考えると、大変リスクの高い行為
だということに気づかれることでしょう。どんな種類のデータであれ、外部には
流出されたくないものです。よく指摘されていることですが、実際の修復作業の
前の段階で、修復可能データリストなるものを提示する企業があります。
このデータリストが作成できたということは、ハードディスクは物理的には
壊れていないか、すでに回復できてしまったことになります。
この段階は厳密に言えば、復旧の依頼をする前の段階ですから、契約は
交わしていません。そのことを踏まえて、秘密保持に関する確認を事前にしておく
必要があります。

見積りと実際に請求金額に大きな差があるというクレームもよく聞くものです。
料金設定が明確になされていることを、しっかりと確認しておく必要があります。
作業環境によって、ころころ料金が変わるようでは、信用できません。

初期診断の結果を踏まえ、依頼をキャンセルし、他のデータ復旧専門企業に
依頼し直したら、一度ハードディスクに手をつけた形跡がある事例が
意外と多いようです。一旦復旧しようと着手したあとに、返送されてきた
ようなのですが、そうした余計なワンクッションがあったために
本当にハードディスクが壊れてしまう結果になってしまいます。
こうなると、どんなに高い技術力を持ってしても、データ復旧は不可能という
ことになってしまいます。そうしたことから、滅多やたらなところに、
復旧依頼をすることは命とりになってしまいます。日頃から、口コミや、
ネット検索などで、どういった企業が信頼できるか、めぼしいところを
リストアップしておくと安心でしょう。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

株式会社データ復旧センター
株式会社データ復旧センターは、日本国内最大規模のデータ復旧専門企業です。対象とす......
アドバンスデザイン株式会社
アドバンスデザイン株式会社は、1995年に日本では最初のデータの復旧、復元、修復......
日本データテクノロジー
日本データテクノロジー社は、1999年に設立されたデータ復旧専門企業です。受け付......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

復旧.biz:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://xn--b5tw2l.biz/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。